ビショップその6 強風警報

2011年02月28日

_DSC2392.JPG
レスト明けいよいよマンダラトライと意気込む

_DSC2304.JPG
いつもバターミルク一番乗りの彼らはアップでSaigonをやっていた

_DSC2330.JPG
カカツゼツくんはサイゴンの核心でいきなり皮と爪にダメージを負ったにもかかわらず妙なテンションで「でも痛くない」と気丈に振舞っていたがはた目には相当痛そうに見えたし落胆の色が伺えた
_DSC2286.JPG
ビフォー
_DSC2288.JPG
アフター

僕はマンダリングの精神統一を図るため無心で彼らの撮影をしたりまだ身がこびり付いた骨を発見したりそれをタロビンに投げつけたりしてすごした
_DSC2291.JPG
骨を足元に固まるタロビン

気力が充実したところでマンダリング
もはや中継と言うよりは一手目と言って差し支えない気もするがとりあえずそういう事になっている左手中継を止めた後の足の位置を修正しカチへ
3度目くらいに0.1秒止まったが直後に右手がすっぽ抜けた
20110215111453 (1).jpg
20110215111453 (2).jpg
可能性を感じ上部を確認しとこうとマット4枚+肩車大作戦を決行したが曼荼羅の神様だか仏様によって阻まれた
カチ筋が終了しマンダリングも終了

_DSC2343.JPG
そのあと何気なくグランパの方へ行ったらEnzo Oddoくんが「Ambrosia」をやり始めてあわててアレな連れを呼んで固唾を飲んで見守りそして見事超巨岩を征したMGJ!まじでグッジョブ!!
_DSC2355.JPG
ミーハーな僕らはすぐにしゃべりに行き記念撮影
まだあどけなくて明るくてとてもいい子だったし今後の活躍に心から期待したい
僕たちはEnzo Oddoくんを応援します

満たされた気分で「Staind Glass」へ
最後のランジ発射まで行けたけどカチ筋弱すぎて2トライが限界で次回持ち越し
強風が吹き荒れ始め「Ironman」でお茶をにごしてみんなと合流
_DSC2371.JPG

僕ら以外誰も居なくなった風速20mはあろうバターミルクで「玉キュン事件」発生
安全のためのマットを凶器に変える自然の猛威を身を持って体験した

そんな気違いじみた状況の中カカツゼツくんとシルシルは何を思ったか裸で「Evilution」
雨の下校時はしゃぐ小学生の様に嬉々としてマシンガントライする2人の乳首は立っていた

「こんな手が乾くの初めてだ」と嬉しそうに報告するシルシルと、何度も飛ばされるマットをその度に取りに行きうんざりしているタロビンと、ただ買っただけなのに「ねぇみんなこのお菓子超おいしい」と私すごいでしょオーラ全開のアレな連れと、初めてのビショップなのに「今年は異常に風が強い」と豪語する千里眼くん
それぞれに「良かったね」「石載せとけば」「はいおいしいおいしい」「へーそうなんだ」と的確に返答をしてあげた
暗くなってきてマリオとルイジのスターが切れたようで終了
安堵のタロビソに「僕も一回やってみよ」って冗談で言ったら瞬間半径5mに殺意が伝わった

_DSC2316.JPG
空青い
posted by キシタ at 10:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | ボルダリング>BISHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビショップ5 疲れるレスト

2011年02月26日

朝起きたら完全に二日酔いだった
迎えに来てくれたケンタロビン達とふらふらしながらRooney Beanに行く
みんなが興奮しながら左の部屋にはキリアンやらナーレやらが住んでて右の部屋の僕が昨日しゃべった3ヶ月ボルダリング女子は何とかって言う有名人だったって一瞬にしてリサランズが霞む自慢を繰り出してきたがその時の僕は完全に上の空だった
とにかく昨日マンダラシットをあっさり登ったやつはどうやらキリアンフィッシュフーバーで向こうは何の気にも留めてないのに中学生が片思いの娘と廊下ですれ違ったみたいにひとり勝手にカカツゼツくんが緊張しているという事だけはわかった
まあ僕もニコルとかシャルマとかヒロトマーシーあたりが隣にいたら同じ様になるんだろう

_DSC2272.JPG
午後からみんなで岩探しに出かけた

奥の方の「Swarm」とかがあるエリアへ向かう途中道に雪が大量に残っていたけどアメリカンのノリで突っ込んでいったら見事にスタックした
DSC00298.jpg
逆から来た外人さんが「You're crazy」とか言いながらも手伝ってくれてなんとか脱出

本場のハイタッチで喜びを分かち合ったが2分後には凄い勢いで突っ込んで行くも全くおんなじ所で座礁した外人さんのレガシーをみんなで押していた
DSC00304.jpg

そうこうしながらエリアのPらしき所に到着したけど探せど探せど「Swarm」どころかそのエリアすら見付からなかった

_DSC2273.JPG
さまよった末「Luminance」の岩を激写

陽が暮れる頃タロビンの勘がひらめき辛うじてアプローチの入いり口が判明したところで終了
レストのつもりが相当ボディにくる1日だった

_DSC2262.JPG
posted by キシタ at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボルダリング>BISHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビショップその4 実は自分らが外人さん

2011年02月24日

_DSC2464.JPG
閑話休題

次の日はいよいよ「Mandala」を触るべく状態のいい朝8時過ぎに出発
早速トライ
右手出し左手出しを試すけど最近欠けたらしく右手は止まる気がしない
左手も中継は取れるけど次が厳しー
_DSC2182.JPG
今回はこれくらいにしてやるかのシルシル

でみんなの「Soul Slinger」を応援したりシルシルの完登をカメラに収めたり「Robinson's Rubber Tester」で遊んだりした
_DSC2216.JPG
千里眼くん

_DSC2200.JPG
グッジョーシルシル

でみんなと別れてぶらぶらしたり↓こういう人と会ったり驚いたり喜んだりこの時のために覚えた「メアイてゆうかピクチャー?」「Sure!」のやりとりに成功したりした
_DSC2245.JPG

夕方みんなと合流して「Saigon」へ
巨人がひつこくランジにこだわり激落ちしていたマットが僕が買ったのと同じボスハグでへなへなにヘタっていたけどそれはきっと絶望的なランジムーブのせいだと自分に言い聞かせた
「だからメトはヘタるんだよ!」と寝言でまでアドバイスをくれたシルシルがほらねと言わんばかりにみんなに目配せをしていたのも気付かないふりをした

そのやるせなさを「Saigon」どんにぶつけ巨人が多分こだわりで使わないホールドをもちろん使ってランジを決める事ができた



外人さんは面白いのが多いな
昨日ハイプレインを登った時に左胸に「魂」ってタトゥを入れた魂Guyがグッジョッーって言って来たからサンキューそのタトゥクールだなって言ってあげた
ついでに今一番クールな日本語は「最凶」だって教えて着てたニュー最凶Tを見せてやったら嬉しそうに写真を撮ってた
多分来週辺りには右胸に最凶って彫られた軍団員が1人増えているんだろうSo Cool!!

暗くなるころ「Mandala Sit」をやってる外人さんがいたので応援したら軽く登った

_DSC2256.JPG
暗くなって終了

次の日はレストなので夜はみんなで宴会を催すべくカカツゼツ邸へ
隣の部屋の女の人としゃべったら3ヶ月もクライミングしに来てるって自慢をされた

_DSC2258.JPG

宴会が始まってすぐさま昼にリサランズに遭遇した自慢をし返した
途中から記憶が無いけどしきりにケンタロビンソンのけつピョンの話を繰り返していたらしい
巨人のランジ以上にひつこかったと朝聞かされて少し反省した

_DSC2259.JPG
ごめんね
posted by キシタ at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボルダリング>BISHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラブフリクション

2011年02月23日

とまあビショップボルダリングで人生最硬の指皮をゲットし昨日は独り豊田へ

ダメ元で神越突撃すると雪はすっかり消えて無くなっていた
小躍りしそうなのを抑えて「黒い鬼」へ
まだ若干湿っているけどひと通りブラッシングしてレッツトライ

が僕には無理だった残念ながら
アメリカ帰りでブイブイ言わすつもりが逆にギャフンと言わされてすごすごとエリア変更

こないだみんなで行った百間のPへ
その前に栃本を探索するとランディングが終了してるけど超かっこいいラインがあったりいくつかのワールドクラスを確認したりしていざPへ

が僕には無理だった残念ながら
全くもって歯が立たないので「若ちちぶ」左側を試したけどフレークは壊れまくるしブヨには噛まれるし次回持ち越し

しょうがないのでその下の岩のトポにはなぜか載ってないかぶったクラックをトライ


次は右抜けに挑戦しよっと

課題名はなんだろうかイケニイさん教えてくだせぇ〜
ビショップはものすごかったけど日本もいい!豊田最高〜!
明日は神越乾いてるといいな
posted by キシタ at 09:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | ボルダリング>豊田 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビショップその3 ご対面

2011年02月22日

_DSC2101.JPG

初バターミルクにうかれながら朝10時に出発
トポに従って旅の相棒ダッジキャリバーを飛ばす

近くに見えるシェラネバダ山脈がいくら走っても近づいてこない
その馬鹿でかさと乾燥した空気に感動

前を行くトラックが未舗装路に入っていったのを横目で見るとその通りこそまさに「BUTTERMILK RD」だった
_DSC2467.JPG
危うく通り過ぎそうになった砂利道をぐいぐい行くとついにビデオで見た岩たちが
手前に構えるグランパをボルダーと言ってしまうアメリカ人はエライ
チャリプロもここにあったらボルダーなのだろうAmazing!

憧れのマンダラをひと目拝もうとキャリバーから飛び降り御ニューのボスハグをかついでダッシュ
しばしさまよった末発見!カッコイイ!Greatだぜ!ホールドつるっつる!
ぺたぺた叩いたりすりすりさすったりひとしきり撫で回し朝7時から張り切って来ているカカツゼツくん達を探す

途中見付けた「Soul Slinger」をトライ
上部にてこずったが合流したカカツゼツくん達の声援のおかげでゲット


スノーボーダーになってしまったニンニンくんも過去にはこれを1DAYしてるんだからすごいなと改めて思う

その後「Stained Glass」を触ってカチの弱さを痛感したのち絶対登っておきたかった「High Plains Drifter」へ


フラッシュを逃してしまったが何とかゲット!

そのままの勢いで「Green Wall Center」OS
_DSC2133.JPG
Essentialを登るアレなつれ

夕方みんなで雪が解けてぐちゃったアプローチをゲットカーターまで歩き「Seven Spanish Angels」OS


カカツゼツくん

_DSC2176.JPG
ケンタロビンソン

暗くなり終了
陽が陰るととたんに冷えて凍えそうだった
アプローチもすでに凍り始めていた

夜はピザファクトリーでピザを買って36本24$のミラーライト3$ほど消費し就寝

いつもの様に目が覚めたので朝かと思って時計を見たら0:30だった
時差ぼけ恐るべし
posted by キシタ at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボルダリング>BISHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。