8時集合の巻

2012年10月18日

8時ごろ家出ようかなと思ってたところになかなかするどいメールが届いたでござる
もう寒いらしいなか血迷って半袖&半ズボンは厳しく1号がユニクロを貸してくれて事なきを得る
その後カメラも忘れた事に気付く

最凶軍団と合流して組手の岩へ
やるのが(やれる)無いので組手のルーフからkumiteに合流するやつをトライ

上部は前回のリベンジを果たせて満足でござる

それからものすごく遠くのボルダーを見学してもうちょいのクリムゾンフレイムを眺めて下山
バーミヤンで最凶軍団との交流を楽しんで終了

そういえば岩崎少年に久しぶりに会えたな
数学博士がまだ付き合ってくれてる事にちょっとびっくりしたでござりんぐ
posted by キシタ at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボルダリング>瑞牆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

kumit

2012年10月10日

_DSC6449.JPG

実は先週も行ったけどあまりのしょぼさになんの成果もなかった瑞牆に、今度こそはと意気込んでビールの詰まったクーラーボックスと共に向かう

おーぐろ岩でケンコジ1号とカカツゼツくんと合流し「だいこく岩」だったことを知り少し恥ずかしい
おまけにロクスノからコピーして持ってきたトポを見られケチだとののしられ必死にロクスノは買ったことをアピールしたら今度は几帳面だと普通なら褒められることなのに責められた
そのご合流したキタジマくんにはPDF化したやつをiPhone的なやつで得意げに見せられた
_DSC6458.JPG
アップで「天の川」というどっかで聞いたような課題を軽く敗退して1号希望の「ミネルバ」へ
これも到着するやいなや敗退してやり1号が飽きるのを待つ

それでカカツゼツくんの床屋670円自慢を聞き流しつつT、なんとなく組手の岩へ誘導することに成功しのそのそと向かう
とりあえずロクスノで衝撃的な表紙を飾った「アサギマダラ」はフムフムと分かった風を装い、前にかっこいいと感じた「クリムゾンフレイム」を見上げたが今回僕の心には響かなかった
_DSC6500.JPG
何やら響いた1号

なので「kumite」に全力を注ごうとした直後「kumite」のネック的な、落下的軽いアクシデントを目の当たりにして僕らにおトーンは急激に下がったがアレな妻とアンジェラおにぎりはその瞬間微動だにすることなく椅子に寄さりかかり楽観視していた
ビビったと思われないよう全力で何事も無い風トライ
_DSC6480.JPG
先に登る自慢の670円カットがまぶしいカカツゼツくん


そして華麗に根っこにガストンを極める僕

まあアレですよ
今度また気が向いたらまたやってみますよ
上の方から降りてきたルートクライマーから初段もないって情報を得ましたし軽くアップでね

それでも夜のビールはうまい!
_DSC6501.JPG
ウミザルくんからもらったビールを飲み比べ
どれもうまい!ありがとう!!

夜もふけ終わらない宴会に雨が水を差す
眠気がトドメを刺し終了

_DSC6508.JPG
朝まで降った雨に乾杯

昼前にケンコジ2号と合流して嘆きの岩へ行ってなかなかいいラインをみんなで登ってタイムアップ
_DSC6519.JPG_DSC6523.JPG
なかなか良いラインのキタジマくん&落ち武者くん

僕は酔っ払って鉄条網に引っ掛かったり虫食いだらけの栗を拾ったりして終了
みんなと登って飲んでうまいもん食べてデラ楽しかったな
指も良くなってきたし楽しいシーズンinを予感した2日間だった
posted by キシタ at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボルダリング>瑞牆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暑くも無く寒すぎもせず

2010年11月29日

チャリプロをやりたかったがカカツゼツくんに最後のチャンスだと懇願されて瑞牆へ
長い道中会話に不安を覚えたためツインズAに助けを求めたが「今日飲み会があってかわいい子が来る[力こぶ]」とそっけない返信が来た
「それならしょうがない[泣き]」と返しついでにおはるさんに↑を転送しようとしたがアドレスを知らなかった
今度会ったらアドレスを交換しよっと

車内での会話は相変わらず聞き取りづらいが感覚的に7割がロッククライミングの様だった
この子も真性の駄目人間になってしまったなと思ったが残りの3割は新婚生活の話でまだまともなところもあるのかな

到着しまずは「夜」へ向かい交互にトライする
カカツゼツくんはまあまあ惜しいが僕は全くなので前回できなかった「美しき日」へ
血豆を作りながらも手応えを感じまた「夜」へ
_DSC1380.JPG

カカツゼツくんがもう終わっただろ的なとこから2度ほどダイブを試みたのをカメラに収めて「美しき日」に戻り運良く登る事ができたやっほー


そのあと「千里眼」で敗退したり散歩したり10回ジャンプしたりして「夜」をトライし暗くなる直前にカカツゼツくんが見事に完登した
僕は登れなかったので帰りの道は途中つっかえながらもけなされまくった

_DSC1405.JPG

車に乗ると車外気温2℃だったがまだ登るにはいい時期だな
帰りは中部横断道にのりそびれたかと焦ったり1車線の高速でハイビームで煽られたりして怖かった[泣き]
追い討ちを掛けるかの様にカカツゼツくんが頼んでもいないのに突然お化けの話を始めて本当に勘弁してほしかったがこの時ばかりは自分のヒアリング能力がオニギリ並みで無かった事に心から良かったと思った
posted by キシタ at 09:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | ボルダリング>瑞牆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWの思い出

2010年05月04日

みずがき全貌.jpg
3週間ぶりのクライミングは彼女の自慢とただ酒飲みたさに必死で誘うカカツゼツくんを無視出来ず2連休をフルに満喫しに瑞牆へ

八ヶ岳.jpg
途中八ヶ岳がきれいだ

チョコボールの畑にタープを張り談笑するカカツゼツくんと披露宴を目前に控えた笑うせーるすまん夫妻と合流
その後豊橋の怪人モリーシーと北島くんと鹿夫も合流

カカツゼツくんから二日酔いの特効薬はおにぎりだと言うアンジェラアキ似の彼女を紹介され少々照れつつ自己紹介をしながら『美しい日』の方へ
みずがきあぷろ.jpg
道中笑うせーるすまんさんの新妻がナースである事に人目もはばからず羨ましがるカカツゼツくんを少し冷めながらもほほ笑ましく見つめるアンジェラオニギリ
この子なかなかやるな

とりあえず「美しき日」や「千里眼」などほのぼのくんばりの貪欲さでトライするがどれも今の自分には出来ない事に数回で気付いた

ぐうぐう寝ていたらカカツゼツくんがしきりに何か訴えかけて来る
が全く分からないので困っているとアンジェラオニギリが「百鬼夜行」に行きたいらしい事を奇跡的なヒアリング能力で通訳
この子相当やるな

みずのふさい.jpg
笑うせーるすまんさんを厳しい眼差しで見つめるナースな新妻

「百鬼夜行」は出来るわけないので「スラッシュフェイス」をトライ
スラッシュこす.jpg
気合の上裸と通訳疲れで爆睡するアンジェラオニギリと鹿夫

見た目より悪いが遠い将来は登れるぞと浮かれているとカカツゼツくんがサクッと完登

心の目で見ればはっきりと足がついているのがわかるはずだきっと

僕は遠い将来にとっておいてとりあえず直上する「ダイレクトフェイス」を登って終了

ご満悦のカカツゼツくんは彼女と温泉へ
ファミリー風呂に入るんだと100点満点の笑顔で報告されても
この子らまじでやるな

その夜の宴会でカラオケでは噛まないどころか今井メロばりにラップの達人だと判明し一同を唖然とさせた


翌日はアレな連れが「エイハブ船長」をするというので小川山へ
エイハブとみ.jpg

棒読みモルツくんに会えたがすぐに地ビール屋へ消えて行った
僕は「穴社長」をやるが登れなかったのでこれも遠い将来へとっておいた

kuwaeihabu.jpg
エイハブ完登の北島くん

帰りに世界のオーヤーマン師匠と弟子2人に遭遇
軽く「スペシャリスト」をアップで登り「メランジ」ももう行けるらしい
さすがだなあ
僕もこんな人になりたいなと思いつつ後ろ髪引かれる思いで職場へ直帰した
posted by キシタ at 23:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | ボルダリング>瑞牆 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。