sad

2012年02月20日

レスト開けていいコンディションでマンダラへ
疲れが取れてるみたいで1手目が止まるけどマッチで落ちる
左手出しのムーブを思いつき試すと悪くない
もう一回トライした後薬指に激痛
すぐ雪で冷やしたけど痛みが治まらない
千里眼ズと合流して何もせずに過ごす
夕方ワタルフーバーくんがいきなり「ン」を止めビビった
すげーいけるー

次の日も痛みが引かずちょっとばかり気持ちが上がらない
でも他にもかっこいいのあるしと思い気に入ったスペクターのエリアへ
またも貸切で沈んだ気持ちが若干上がる

まずは"Lidija's Mouth"残念ながら1撃逃したけど見た目通りとても面白かった
それから"Drone Militia"登ったらワン公を連れたお客さん1グループ来店
僕は"Finder's Fee"へ移動
暑くてぬめるけど出来そうで出来ない感じでトライを繰り返す
その間何度もワン公が僕の所にくるけどその度なんにもしないで帰って行く
何がしたかったのか犬じゃないし知らない

そのあとブラブラして"Mesothelioma"のシットバージョン
合流までのムーブが出来て陽が陰るのを待ってふと下降路が気になって探したけどこれだっていうのが分からない
トポを読んだら懸垂した的な事が書いてあって独りで降りれないとむごいから断念してトボトボとバターミルクメインへ行き"Roadside Highball"と"The Southwest Areat"でお茶を濁し終了

iphone/image-20120218181416.png
昨日はまさに今の僕の気持ちそのままのSAD Boulderへ
気持ちはまああれだけどはじめての所はワクワクする
やってみたい課題は上の方に多いけどトポに下の駐車場に停めてねって書いてあった
去年ハッピーで通っているから迷わず到着
人気が無いのか土曜だというのに車は2台だけだった

急な坂をテクテクしながら分かりにくい岩を何度もトポと見比べる
三ッ星と見た目重視でまずは"Rio's Crack"を登って"Lawnmower Man"トライ
遠くて悪い下部に指にくる箇所があって悔しいけど敗退

そのあとキレイなV0を2本アプローチシューズで登ったり人混みの"Strength In Numbers"を登ったり何であんな人が居るんだろうと思ったりしながら"Beefcake"へ

そしたら女の人が"The Aquarium"をやっててビビった
ケーキはやっぱり甘いみたいで垂壁に出たとこで落ちちゃったけど次は登れそう
暗いし気分も乗らないので終了
ケイブの上に出たら上の駐車場にわんさか車が停まってた
それでどこもこういう事はあるんだなあと思いながら明日のロス往復に備えてガソリンを満タンにして帰った
早目の夕飯を終えてぼーっとしてたら千里眼ズがやってきてまた宴会をした

iphone/image-20120218181423.png
posted by キシタ at 05:24 | Comment(3) | TrackBack(0) | ボルダリング>BISHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「マ」

2012年02月16日

レストの日、オートロックと思っていたドアがそうじゃなかったのに気付いた
改めてこの国が安全で良かったと思った

iphone/image-20120215150427.png
開けてこの日はついにマット購入!
アップで"Magnetic North"トライ、核心で振られて場外に落下
マット2枚になったのに!
そのあとまた同じとこで落ちたからマンダラ様へ移動してついに今回初マンダリング
マット2枚でも左手出しの体勢はきつくて右手出しに変更
そしたらマンダラ様の「マ」Get!で「ン」取りの一手が出せた!
止まらなかったしマットないしかかと痛いしでも嬉しくて叫びたかった
けど恥ずかしさが先に立ってちょっと叫ばなかった

それでこの間気に入ったスペクターのエリアへ
でらかっこいい"Mesothelioma"トライ
かっこいいのに不人気なのかリップの辺がチャリってて更に飛ばしたら持てなくて落ちたマットないとこに5m上から
でも持前の運の良さで大丈夫だった
ちょっとレストしてさっき落ちた箇所にマットをずらしてリトライしたら同じとこでまた落ちた
今度はさっきは敷いてあったのにずらしてしまったとこに落ちた
思わず何なんだよってうめいてそういう日だと諦めて繰り返し地面と激突したかかとを引きずってバターミルクを後にした
iphone/image-20120215151837.png

朝起きると身体中が痛い
外は雪混じりの雨が降っていて何の残念さもなくレストを受け入れる
ふとキャンプ生活の千里眼ズが気になりバターミルクへ
行ったら車1台も無いけど晴れてたからマンダリング
アップで"Pope's Prow"を登るとマンダラ上部は雪が積もって凍っていた
リップの雪と氷を落としてトライ
離陸直後に舞うマット、今日は寒くて風が強い
着地でかかとが痛む

2〜3回かかとをいじめて終了
コインランドリーで洗濯してるとオーナーらしきおっちゃんが日本語でしゃべってきて常連らしき男性を指差して「オトコスキ」と笑って言った
常連さんも分かってなさそうだったけど笑ってた僕も笑っておいた


7日目
はりきってマンダラへ
独りでやっていると外人さんが一家で参戦
安心して上までいける状況なのに体が重い
高度からのフォールは結構ボディにくる
結局「マ」を1回止めただけだった
外人さんはケニーで偶然同じモーテルで夜来いと言われた

その後やっと千里眼ズと合流してとてもダラダラして過ごした
登ったのは"Bowling Pin Sit"のみ

夜はケニー一家にお邪魔してビールとサンドイッチを食べた
サンドイッチはピーナッツバターとジェリーを混ぜたやつだと言って得意そうな顔をしてジェリーのつづりを教えてくれた
正直ビールより濃いコーヒーが飲みたかったけど「グッド!デリシャス!」と言ってそうしながら覚えたJELLYを買うことは無いだろうなと考えていた

iphone/image-20120215151354.png
posted by キシタ at 08:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | ボルダリング>BISHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボスハグの里帰り

2012年02月12日

楽しみにしていたビショップツアーへ

空港に向かう電車でコンロを忘れた事に気付いたあげく成田のチェックインでマットがサイズオーバー!初の海外一人旅に浮かれた出鼻をくじかれた
追加料金1.9万なんて僕には払えるはずもなくマンダラ先輩に相談したり係りのお姉さんに「僕痩せてるんで」と拝み込んだり最後にはちょっと年配のダンディに泣きついて目をつぶってもらった
2万円のためなら周りの冷ややかな目に耐えれる人はやってみるといいかもしれない

飛行機はA380で超快適な上トイレが近い僕は通路側を指定したけどガラガラで隣りも窓側も空いてて
気分はファーストクラスだった

ロスに着き暑い中レンタカーのバスを待つこと50分2回スルーされ3回目でようやく乗れた
ちゃんと手挙げたんだけどな

車を借り眠気防止にエナジードリンクを買っていざビショップへ!

image-20120211183606.png

去年通った道が鮮明に思い出される
image-20120211183759.png

あの刺激的な日々がまた来る事に興奮しているはずなのにやってくる眠気魔人
それを尿意棒でやっつけてルート5をひた走るが今度はさっきまで味方だった尿意棒が牙をむき出した
渋滞のハイウェイに停まる場所も無く焦るし体は震えるしやばい尿意棒に殺される
やっと渋滞から抜けハイウェイから外れて放尿
眠くはなるししっこもしたくなるしあのドリンクは2度と買わないね

image-20120211183840.png

それを2回繰り返しやっと我がボスハグが里帰りを果たした
教えてもらったTown House Motelにチェックイン
ビールと肉を買って飲んで寝た

2日目
image-20120211183917.png

まずはマットを買いたかったけど帰りの追加料金にビビってボスハグ1枚に命を預けることにしさっそくバターミルクへ
日陰に雪が残っているのが嘘の様に暑い
まずは"East side story"でアップして"Stained glass"トライ
3回やって2回リップ下タッチ
指が痛くなったからやめたけど今回はイケるー
そのあと去年雪でアプローチ敗退した"The Checkerboard"へ
バカカッコいい!得意そうな感じがしたから一撃ねらってがんばったけどラスト一手がバカ遠くてダメだった
もう1回やったけどダメで初日から無理しちゃかんと言い聞かせ早目に切り上げ"The Mandala"を拝んでウィルソンズへ

色々眺めてたら千里眼くん達がやって来た
"Ambrosia"をねらってるという青年がいてがんばってくれと言っておいたが後で分かったのは有名な兄弟の兄ちゃんの方だった
トップロープでリハーサルをすると言うからグランドアップがカッコいいぞとも言っておいたが怪我でもされたら参っちゃうな

挨拶もすましボンズへ向かい買い物してたらまた千里眼ズに出会った
さっき別れた人と会うとちょっと気まずい感じになる
向こうもそんな感じだった

3日目
今回も少し時差ボケがあるけど前回ほどではない
ただそれより今日は少し二日酔いがする
レッドブルを一気して昨日のリベンジをしに"The Checkerboard"へ

今日も暑いけどこれは日陰だから問題なし
昨日使わなかったホールドを使ったら登れたヤッホー

次は"The Secrets of the Beehive"へ
結構遠くて途中最近アレックスオノルドが初登した"Too Big to Flail"や"Luminance"を眺めながらのんびり歩いていった
それでやっと到着して近くの"Flight of the Bumblebee"とか"The Swarm"とか眺めてケンコジ1号2号なら登れそうだなって思った嘘じゃない
目当ての"The Secrets of the Beehive"もかっこ良くて運良く1撃出来た

そのあとまた同じ道を歩いて今度は"Spectre"のエリアへ
去年は辿り着かなかったけどトポをよく読んだら行けた
"Spectre"はDosageで観た通りマジクソかっこ良かった!
いつか登りたい
これまたかっこ良い"Suspended in Silence"をこれまた運良く1撃して終了

調子に乗って夜はビールをガブ飲みした
こっちもうまいビールが色々あっていい!しかも安い!最高!
image-20120211183959.png
posted by キシタ at 11:44 | Comment(4) | TrackBack(0) | ボルダリング>BISHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビショップファイナル はたしてマンダラは・・・

2011年03月07日

_DSC2518.JPG
そしてついに最終日が来てしまった

昨日の雪にあきらめモードでゆっくり見納めバターミルク
と、思いの外雪は無くなっていて登れる状態だった
記念に「Checker Board」を見に行くがこっちは雪でアプローチ敗退してしまった
クラバカ4人衆に合流しようとマンダラ方面へ向かうと遠くに多分「Xavier's Roof」に向かって消えていく彼らの車を確認した
追いつけそうになかったから「Buttermilk Stem Sit」にまんまとはまったり「Little Forgotten」にじゃれついたりしてみた
_DSC2512.JPG
_DSC2488.JPG
してみたけど昨日の夜から「Atari」の事が気になって気になって仕方ない


「Cave Route」を1撃してみても心のそわそわが無くなる事はなくハッピーへ向かうことを決めた

ハッピーは昨日と打って変わって大賑わいだった
一目散に当たりに向かいトライを始めると外人さんがやってきた
明るい感じで話しかけてきたのはなんとEnzo Oddoくんだった
彼のスポットのおかげで奇跡的にDid it!やっほー

Enzo Oddoくんはうまいからかなんか大きく見える気がする

もう大満足でその後は
_DSC2560.JPG
こんなのや
20110217163059 (1).jpg
こんなのを暗くなるまで登ってタイムリミットを迎えた

_DSC2610.JPG
ビショップ最後の夜はみんなで宴会

_DSC2628.JPG
巨大ステーキも食い納め


_DSC2634.JPGDSC00375.jpg
間違い探しパート2

1週間カカツゼツくんやシルシルやタロビンや千里眼くんらのお陰ですごく楽しい時間を過ごす事ができた
みんなと行けて本当に良かったなありがとう!
まあ成果は出せなかったけど次回のためにとりあえず分かったことは
・とにかくカチが弱すぎるって事
・いい課題が多すぎて目移りしまくるって事
・肉がやたら安いから調理できるところがいいけどもしサンダーバードに泊まるならおじちゃんじゃなくておばちゃんと交渉すべしって事
・ビールのプルタブを開けるのに強靭な爪が不可欠って事
かな
本当はもっとあるけど簡単にまとめるとカカツゼツくんは英語でも何食わぬ顔で噛んでいたって事
それだけはみんなに教えてあげたい


次の日ロサンゼルスに向け出発
街に入ると前の車のナンバーがしゃれていた
DSC00386.jpg

レンタカーを返してでっかい黒人のタクシーでホテルへ
すごく近くて2分で到着、にも関わらず$15請求されやられたと思ったけどびびって払った

朝起きて外のプールを見たらこの寒い中泳いでる白人が居た
_DSC2643.JPG
マジっすか

そして無事セントレア着
帰りがけ眠さに負けそうになりながらもラーメン屋へ寄って帰ってきた事を実感した
食べ終わって駐車場のエコカー割引をしなかった事を思い出したがもはやどうでも良かった

また行くぞー!
posted by キシタ at 23:11 | Comment(5) | TrackBack(0) | ボルダリング>BISHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビショップその7 はずれのバター当たりのハッピー

2011年03月04日

朝起きると雨が降っていたけどタロビンの情報通り昼前に止んだ
相変わらず時差ぼけのせいか興奮のせいか夜中に目が覚めるのには参っちゃうけど体調はすこぶる良い
雪なら登れるっていう勝手な思い込みでバターミルクに向かう
_DSC2402.JPG
BM RDに入ると道が白くなり始めエリアのPでは靴も埋まりグランパは吹雪で霞んでいた

マンダラはもう無理かもと思ったが気を取り直してHAPPYへ転戦
一転してハッピーは名前に恥じない快晴だった天晴れ!

とりあえず「Atari」を目指して行くとかっこいクラックが目に付いた
一目散に駆け出したいのは山々だけど道無き道が行く手を阻む


「hard clack」本当にかっこいい
クラックに手を染めたことがあれば必ず惹かれると思う
ランディングはマット1枚分でその先は崖、これを制したアレな連れの会心のトライに胸を撫で下ろしそして喜んだ

改めて当たりに向かおうとトポを見ながら探しずいぶん掛かって堂々とそそり立つ当たりを発見!かっこい〜
直接ハードクラックに向かったから気付かなかったけど馬鹿目立つし分かり易いし!

ランディングがこれまた狭くトポにはハートマークが光ってるけどまあ大したこと無いだろと取り付いた次の瞬間
20110216133506 (1).jpg20110216133506 (2).jpg20110216133506 (3).jpg
うわー

これにはマジで肝を冷やした
右足を擦りむき軽く捻ったけど大丈夫で良かったー
次からは慎重にトライしたけど結局下には2度落ち胸筋がへろへろになって敗退
リベンジを心に誓ってすごすごとその場を後にした

手ごろな3つ星で自分を慰めようと散策し「Action Figure」に出くわし運良くオンサイトで目的を果たした


その後「Chollos」に戯れ跳ね返され手ごろな3つ星探索を再開
_DSC2425.JPG
「Solarium」にたどり着いたところでレストのはずのクライミング馬鹿4人衆がやってきた

「Hulk」をフラッシュすると息巻くカカツゼツくんについて行く
「フラッシュ以外は価値がない」と声を荒げる彼が見事価値がある事をやってのけた
_DSC2439.JPG
気合で振られに絶えるカカツゼツくんとお構いなしに黄昏るシルシル

僕は日が陰りみんなががたがた震える中おおよそ価値がない20撃ぐらいという事をやってみせた

そういえば忘れてたけど前の日は「Fly Boy」で価値ある登りをしたんだよ

これもランディング悪し

_DSC2461.JPG
月がでかい
posted by キシタ at 09:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ボルダリング>BISHOP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。